セミナー情報

「マンション管理フェスタ2017」報告

日時:平成29年9月10日(日)
場所:大阪市立住まい情報センター 3階ホール
マンションに役立つ情報が満載 見て、聞いて、体験しました!

「マンション管理フェスタ」は、専門家団体や賛助団体、協力団体の協力を得て、2年に1度開催しています。2017年も各団体のマンション管理に関する展示や専門家とのおしゃべりコーナーのほか、講演会やAEDの操作体験など盛りだくさんのプログラムをご用意。大勢の方が訪れ、「マンションでの支え合いのヒントをもらえた」「専門家の方とおしゃべりし、フェスタならではの情報が得られた」などの感想をいただきました。

<<フェスタで講演>> 超高齢社会におけるマンション居住者の支え合いの必要性と課題

日本福祉大学 学長 児玉 善郎 氏

ご自身もマンションの副理事長などをされた経験もあるという児玉善郎先生にお越し頂き、ご講演いただきました。さまざまなデータから超高齢化社会をひも解き、認知症の実情や、マンション居住者の支え合いを進めている事例について大変わかりやすく説明していただきました。お住まいのマンションにも身近に迫っている課題とあって、皆さん真剣に聞き入っていました。

※ 詳しくは次号でご紹介します

<<フェスタで発表>> 自主管理による管理組合の活動

シャトー西梅田管理組合(4棟216世帯)の理事長である櫻井次郎さんと、同マンションの会計監査の田野卓也さんから腹話術もまじえながら活動を紹介して頂きました。阪神・淡路大震災をきっかけに自主管理へ移行。住民・建物・管理人の高齢化の問題を抱えつつも、専門家の手も借りながら、管理組合と町会が一緒になって運営しているという説明に、皆さん大きな関心を持って聞いておられました。

<<フェスタで体験>> AEDの操作体験

大阪市消防局の方にお越し頂き、AED(自動体外式除細動器)の操作体験をステージ上で実施しました。当日の参加者で希望された3名の方が体験され、救急車を呼んでいる間、倒れた人に行なう心肺蘇生法の心臓マッサージと、AEDの操作方法を教えていただきました。救急車を呼ぶ際は具体的に名指ししてお願いすることや、AEDの音声ガイダンスに従うなど万一の時は恐れずに操作するための話が聞けて、体験者の方や見学された方には、いい経験になったのではと思います。

<<専門家とのおしゃべりコーナー>>

大阪市マンション管理支援機構の専門家団体と話せるコーナー。気になることがあるけど、わざわざ相談するのは…といった小さな疑問から日頃の悩みまで、専門家の方に予約なしにお話しできるとあって、皆さん気軽にお話しされていました。

●大阪弁護士会
●大阪司法書士会
●大阪土地家屋調査士会
●(公社)大阪府不動産鑑定士協会
●近畿税理士会
●(公社)大阪府建築士会

<<マンションの取り組み紹介>>

大阪市内のマンションのさまざまな取り組みを紹介する展示パネルでは、マンション管理組合のユニークなコミュニティ活動や、取り組み事例を紹介しました。 多くの方が関心を持って見学されていました。

<<お役立ち情報コーナーも>>


賛助団体や協力団体の協力により、マンション管理に役立つ情報を提供するコーナーを設置しました。来場者はそれぞれのブースを訪れ、興味のある説明に耳を傾けていました。

大規模修繕・耐震改修情報
●(一社)マンションリフォーム推進協議会 近畿支部
●大阪ガス(株)
●(独)住宅金融支援機構 近畿支店
●大阪市住まい公社
●大阪市

設備情報
●(株)エヌ・ティ・ティ マーケティングアクト
●(一社)日本エレベーター協会
●(公社)立体駐車場工業会

建替え情報
●(一社)不動産協会 関西支部

防災・防犯情報
●大阪府錠前技術者防犯協力会
●大阪府防犯設備士協会
●大阪市消防局

組合活動情報
●(一社)マンション管理業協会 関西支部
● (公財)マンション管理センター

<<会場を回ってのお楽しみ!>>

スタンプラリー 会場内のポイントを回ってスタンプを押し、ガラガラ抽選で防災グッズ等が当たるということで、大人も子どもも楽しんで参加されていました。